季刊 自治と分権 - 1・4・7・10月 年4回発行 - 定価1080円

研究と報告

No.134 /
2019.06.26

研究と報告 134 2018年「指定管理者制度導入状況等調査」結果の概要と課題、今後の取組   角田 英昭(自治体問題研究所)

 公の施設の指定管理者制度が施行されてはや15年になります。総務省が2019年5月に公表した調査結果によれば、2018年4月現在76.268施設に導入されており、今回初めて減少に転じましたが、導入後の状況を見ると、それは「公の施設」のあり方、制度運営、当該の施設で働く人達、利用者・住民に大きな影響を及ぼし、制度の抜本的な見直しは緊急の課題になっています。
 本稿では、2018年「指定管理者制度導入状況等調査」の結果を踏まえて、改めて指定管理者制度の運用の実態と問題点、課題を明らかにしています。
  

更新情報

トピックス

2019.06.11

『指定管理者制度、公共施設再編の現況と課題、今後の取組』-2018年「指定管理者制度導入状況調査」結果の概要-のご紹介

 総務省は2019年5月、「指定管理者制度の導入状況等に関する調査」結果(2018年4月1日現在)を公表しました。その内容を見ると導入施設数は76.268で前回調査時より若干減少していますが、制度導入... 続きを読む »