季刊 自治と分権 - 1・4・7・10月 年4回発行 - 定価1050円

研究と報告

No.110 /
2016.07.29

第31次地制調答申と地方独立行政法人-窓口業務の包括委託を中心に-村上博(広島修道大学教授)

地方独立行政法人に地方自治体の窓口業務を包括的に処理させること等を内容とする第31次地方制度調査会の「人口減少社会に的確に対応する地方行政体制及びガバナンスのあり方に関する答申」が2016年3月16日に出されました。この答申を踏まえ、総務省は
早ければ今年秋の臨時国会にも地方自治法等の改正法案を提出すると言われています。そこで答申の内容を概説し、地方独立行政法人問題について検討します。

更新情報

トピックス

2016.05.27

立憲主義と法治主義を守る国に―緊急シンポジウム「辺野古新基地建設と沖縄の自治」を開催

5月24日(火)、衆議院第1議員会館で、緊急シンポジウム「辺野古新基地建設と沖縄の自治-辺野古が問う日本の地方自治のあり方」が開催され、210人が参加しました。このシンポジウムは、辺野古基金を基に、裁... 続きを読む »