季刊 自治と分権 - 1・4・7・10月 年4回発行 - 定価1050円

研究と報告

No.120 /
2017.05.31

研究と報告120 「憲法と地方自治研究会報告書」(全国知事会総合戦略・政権評価特別委員会、憲法と地方自治研究会)の検討 門脇美恵(名古屋経済大学教授)

 平成27年10月27日、全国知事会のアドバイザー組織として、「憲法と地方自治研究会」が設置された。同日、第1回研究会を開催して以来、計6回の研究会を開催している。研究会は、平成28年3月に中間報告を提出、昨年11月に最終報告書として「憲法と地方自治研究会報告書」がまとめられた。
 本稿では、「憲法と地方自治研究会報告書」の内容を検討し、問題点や課題を考察しています。

更新情報

トピックス

2017.01.30

辺野古新基地建設阻止へ、新たな出発を 裁判を検証し、展望を語るシンポジウム開催(沖縄)

 沖縄県名護市辺野古の米軍新基地建設問題で、最高裁が昨年12月、翁長沖縄県知事が行った辺野古沿岸域の埋立承認取消処分を違法とした不当判決をふまえて、「辺野古裁判の検証と今後の展望」と題するシンポジウム... 続きを読む »