季刊 自治と分権 - 1・4・7・10月 年4回発行 - 定価1000円+税

研究と報告

2019.11.14

研究と報告 136  原発災害避難自治体の現況と復興、自治の課題 -2019年度自治体調査結果の概要- 角田英昭(自治体問題研究所)

 現在、東日本大震災・福島第1原子力発電所事故に伴い全域避難を余儀なくされた双葉郡各自治体の帰還と復興対策が進められています。置かれている条件、状況は異なりますが、どの自治体も帰還促進に向けた早期の復旧復興、地域再生、地域経済振興、避難者の生活支援、財政及び推進体制の確立、広域連携など多岐にわたる問題に取り組んでいます。しかし、帰還の現実は厳しく期待通りには進んでいません。
 こうした状況を踏まえて、自治体問題研究所と福島自治体問題研究所が2019年7月に双葉郡の原発災害避難自治体(浪江町、葛尾村、大熊町、双葉町)で行った調査からは、この地域の復興・復旧、帰還問題は、何よりも原発事故という特殊な問題に起因しており、それ故の厳しさがあること。また各町村、住民、関係者の努力により一歩一歩前進していますが、課題は多く、時間がかかることなどが明らかにされています。

更新情報

トピックス

2019.10.08

自治労連・地方自治問題研究機構設立20周年記念企画   シンポジウム 「憲法をいかし、地域の未来をどう切り拓くか ~『自治体戦略2040構想』と地方自治」開催のご案内

 自治労連・地方自治問題研究機構設立20周年を記念し、今日の地方自治をめぐる問題と課題を明らかにするとともに、これからの憲法と地方自治をいかす政策、理論についての展望を示し、今後の地方自治運動、自治労... 続きを読む »