季刊 自治と分権 - 1・4・7・10月 年4回発行 - 定価1080円

研究と報告

2018.08.21

研究と報告129 憲法は生きているか「沖縄のいま」-平和・環境・人権―憲法と自治のいきる島をめざして(おきなわ住民自治研究所 湧田廣)

 憲法施行から71年余、沖縄が日本復帰して46年経過した今日、沖縄はいま大きな転換点に立っています。
 今年、11月18日実施予定の沖縄知事選挙は、翁長知事の急逝(8月8日)を受けて、9月13日告示・30日投開票となりました。
 本稿では、沖縄をめぐる基地問題や地方自治について考察しています。

更新情報

自治労連 RSS

発行物紹介

トピックス

2018.09.10

「翁長知事の意志を継ぐ 辺野古に基地はつくらせない」のご紹介

 辺野古に新基地をつくることは、沖縄の問題でしょうか。いえ、日本の問題です。 故翁長雄志知事が訴えつづけたことはこのことです。 「歴史的にも現在においても、沖縄県民は自由・平等・自己決定権をないがしろ... 続きを読む »