季刊 自治と分権 - 1・4・7・10月 年4回発行 - 定価1050円

研究と報告

No.121 /
2017.07.25

研究と報告121 指定管理者制度の提言(適正な指定管理者制度を考える研究会)

 静岡自治労連は、静岡県内の指定管理制度の実態を調査し問題を改善するため、2015 年6 月、大学研究者とともに「適正な指定管理者制度を考える研究会」を発足させました。事業所調査の結果をまとめた「2015指定管理者制度・事業主アンケート」(2016年4月)【http://www.jilg.jp/topics/2016/04/28/978】に引き続き、対象を労働者に広げた「2015~2016指定管理者制度アンケート」をまとめました。また、7月11日(火)指定管理者制度の改善に向けた提言案を発表しました。提言案では、指定管理者選定の際の評価基準や積算・基準価格、収入の取り扱いなど7項目を改善ポイントにあげています。

更新情報

トピックス

2017.07.25

法学セミナー「沖縄・辺野古と法」刊行のお知らせ~当研究機構の行政法学者が執筆

  辺野古基金を基に、裁判を支援する行政法学者などで構成する辺野古訴訟支援研究会のメンバーの多くが執筆者等として参加した「特集 沖縄・辺野古と法(法学セミナー2017年8月号)」が日本評論社... 続きを読む »