季刊 自治と分権 - 1・4・7・10月 年4回発行 - 定価1050円

研究と報告

2017.09.07

研究と報告122 みちのく盛岡広域連携都市圏ビジョンの進捗と課題 桒田但馬(岩手県立大学)

 2014年4月、総務省は「新たな広域連携モデル構築事業」を公募し、9モデルが採択された。9モデル中、岩手県盛岡市を中心とする8市町により策定された「みちのく盛岡広域連携都市圏ビジョン」は、東日本で唯一採択された。
 本稿は、「みちのく盛岡広域連携都市圏ビジョン」の構成、内容を検討し「盛岡広域連携中枢都市圏ビジョン懇談会」の委員を務めた岩手県立大学の桒田但馬教授が「みちのく盛岡広域連携都市圏ビジョン」の進捗と課題を明らかにすることを目的として解説しています。

更新情報

自治労連 RSS

発行物紹介

トピックス

2017.07.25

法学セミナー「沖縄・辺野古と法」刊行のお知らせ~当研究機構の行政法学者が執筆

  辺野古基金を基に、裁判を支援する行政法学者などで構成する辺野古訴訟支援研究会のメンバーの多くが執筆者等として参加した「特集 沖縄・辺野古と法(法学セミナー2017年8月号)」が日本評論社... 続きを読む »