季刊 自治と分権 - 1・4・7・10月 年4回発行 - 定価1080円

研究と報告

2018.08.21

研究と報告129 憲法は生きているか「沖縄のいま」-平和・環境・人権―憲法と自治のいきる島をめざして(おきなわ住民自治研究所 湧田廣)

 憲法施行から71年余、沖縄が日本復帰して46年経過した今日、沖縄はいま大きな転換点に立っています。
 今年、11月18日実施予定の沖縄知事選挙は、翁長知事の急逝(8月8日)を受けて、9月13日告示・30日投開票となりました。
 本稿では、沖縄をめぐる基地問題や地方自治について考察しています。

更新情報

自治労連 RSS

発行物紹介

トピックス

2018.10.27

行政法学者有志一同が声明。「辺野古埋立承認問題における日本政府による再度の行政不服審査制度の濫用を憂う」

沖縄県は2018年8月31日、仲井眞元知事が行った辺野古沿岸部への米軍基地建設のための公有水面埋立承認を撤回しました。これに対し、防衛省沖縄防衛局は10月17日、行政審査法に基づき、国土交通大臣に対し... 続きを読む »